MENU
カテゴリー
たす
嫁と一緒に娘の育児奮闘中。コツコツと節約している医療の資格を持つ介護職。格安SIMやポイ活(楽天ROOMやポイントサイト)など節約術やお得情報、医療・福祉関連など幅広いジャンルをSNSやブログを通して発信しています。
/格安SIM/ポイ活/楽天経済圏/節約屋.comを運営しています。
格安SIMやポイ活などの節約術や医療・福祉の記事もまとめています。

0から始める格安SIM-超初心者向け-

格安SIMサイトのおすすめを見ているけど、何が良いかわからない、そもそも専門用語が多くてさっぱりわからない
や~めた!という超初心者の方向け格安SIMについて紹介したいと思います。

この記事を書く上で大事にしておこうと思うのが、

・完全初心者でも大丈夫なように
・できる限り分かり易く
・図やイラストを入れて

では、格安SIMの始め方を紹介したいと思います。始めは覚えなくてはいけないことがいくつか出てきますが、これさえ覚えてしまえば年間数万円節約できます!

この記事をみて格安SIMが利用できるように書きますので一緒に頑張りましょう!

たすのアイコン画像たす

とにかく分かりやすく説明するので、安心してくださいね!

格安SIMを始めるために大切なことは、

・格安SIMについて知ること
・メリットデメリットを知ること
・専門用語を知ること

この3つは最低限把握しないといけません。ゆっくり何度も読み返してください。それでも分からない!という方はTwitterでもお手伝いさせて頂いているので

@setsuyakuya_comまでリプください

格安SIMの申し込み方を初心者にもわかりやすくまとめたのでこちらもチェックしてくださいね!

目次

まずは格安SIMについて知ろう!

格安SIMとは

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外でキャリアよりも安く携帯電を利用できるということ。その格安SIMを扱っている会社のことをMVNO(エム・ブイ・エヌ・オー)と言います。

初心者のアイコン画像初心者

もう頭がパンクしてきたぞ!!

たすのアイコン画像たす

大丈夫ですよ、少しずつ覚えていきましょう!

まとめ

・キャリア= ドコモ、au、ソフトバンク のこと3大キャリアとも言う(楽天が4月に本格的に参入することになり4大キャリアと呼ばれるかも?)MNO(えむ・えぬ・おー)とも言うよ!

・MVNO(えむ・ぶい・えぬ・おー)=格安SIMを扱っている会社のこと 例)LINEモバイル、楽天モバイル、BIGLOBEモバイルなど

格安SIMのメリットデメリット

メリット

・通信費を大幅に節約出来る
・自分に合ったプランをカスタマイズできる
・自宅で契約できる

何と言っても通信費を抑えることができるのが最大のメリットと言えるでしょう。契約にもよりますが、平均で3,000円以内で利用できます。

キャンペーンやポイントなどを使うことで激安でスマホを持つことができます。自分は2020年2月現在LINEモバイルを利用していますが、2月利用分の料金は50円です。5,000円でも500円でもありません。50円です。仮に1年間この料金で使用出来たら50円×12か月=600円。1年間で600円になるので驚愕の料金で使用できます。

料金プランも豊富でシンプルです。しかし、初心者の方はそれでも何が良いかわからないと思います。このブログではおすすめする格安SIM会社をわかりやすく解説してますので見ていただければと思います。

キャリアでは店舗に行って契約しないといけませんが、格安SIM会社はネットで全て契約する事が出来ます。初心者はここの段階で躓いてしまうことが多いですが、専門用語や手順さえ覚えてしまえば誰でも契約できるようになります。

ここの記事を読んで自分で契約出来るようになれればと考えています。格安SIM会社でも店舗数は少ないですが、家電量販店等で店舗を設けている所もあるので最初は店舗での契約でも良いかもしれません。

デメリット

・キャリアメールが使えない
・店舗数が少ない
・大容量のギガを使う人には向いていない
・時間帯によって回線速度が遅くなることがある
・ラインID検索が使えないなど

キャリア→格安SIMに変更になる為、xxx@docomoやxxx@au.com、xxx@softbankなどが使えなくなります。Gmailやhotmail(ネットで検索すれば簡単に作成できます)、格安SIM会社によってはメールアドレスをもらえる所もあります。

店舗が少ない=何かあった時に不安と感じると思いますが、スマホのプランや契約内容について知っていないと、知らないうちにショップ店員に大量のオプションを付けられてかえって料金が高くなるってこともあります。ネットでは情弱(情報に弱い)といいます。情弱者を利用したトラブルがキャリアの店舗でありました。

実際に起きている事です。店舗が多い方が良いというのは間違えで、大事なことは自分でもしっかりと調べること、店員に全てを任せない。だからってキャリアは×ではないですが、メリットデメリットを比較したときに自分にとってどちらが良いか少しでも分かるようにしておくと良いと思います。

10ギガを超えるようなスマホの利用をしている方はキャリアを利用した方が安く済む可能性があります。格安SIMの場合、基本的に割高になるプランが多いようです。しかし、低いギガのプラン+ポケットWi-Fiを利用することで低料金で無制限にスマホを利用することができます。こちらに関しては後ほど記事を書きたいと思います。

回線速度に関しては格安SIMを使う人にとっては仕方ないことです。キャリアから電波を借りて運営している格安SIM会社ですが、元のキャリアよりも回線速度を速くしてしまったらキャリアを選ぶ必要が無くなるわけなので、当然速度を制限しています。特にお昼時や夕方は動画や画像の多いサイトを見ることは厳しいかと思います。その代わりに料金が安く抑えられると考えると良いと思います。

格安SIMの場合ラインのID検索ができません。地味にこれが厄介です。ただしQRコードで友達追加ができるので友達追加は可能です。また、ワイモバイルとLINEモバイルに限っては格安SIM会社でもID検索が可能です。

まとめ

・格安SIMではメリットデメリットを確認する必要がある

・格安SIMを利用する為に専門用語や手順を知っておく必要がある

なぜ安いのか

初心者のアイコン画像初心者

格安SIMの料金が安いのは分かったけど怪しくないの?

たすのアイコン画像たす

安いのにはちゃんとした理由があります!

そもそもキャリアが高い

キャリアの料金が1万円近くいくのに格安SIMは数千円で怪しすぎると思っている方!そもそもその考えが間違いです。キャリア3社は話し合って極端な値下げをしないようにしています。下げなくてもユーザーがたくさんいるからです。新プランが出ても他のキャリアが似たようなプランがすぐに出ますよね?それがこの理由です。

先ほども説明した通り、情弱のままでは自分に合ったプランを選択できず、適切なプランよりも多く料金を払ってしまう可能性があります。格安SIMでもこの会社おすすめ=すぐ契約ではなく、本当にこの会社が自分にとって合っている格安SIM会社なのか、合っているプランなのかをしっかりと自分で調べておかないと後々損をしてしまいます。

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban03_02000504.html

総務省による 電気通信サービスに係る内外価格差調査 (H29年度)

総務省のまとめによると、世界でも日本の携帯料金が高いことがわかります。

キャリアから電波を借りてコスト削減!

ネットをつなぐ為の設備をキャリアからレンタルしている為、初期投資が少なく料金を下げる事が出来る!

店舗数を少なくして人件費カット!

基本はネットからの申し込みの為、人件費を少なくしている。店舗数が少ないのもこれが理由。

自分でサービス・オプションが選択できる!

自分の用途に合わせたプランが選択できるため不要なオプションなどをカットできる。

キャリアだとオプションが最初からセットになっていたり、使えるギガ数の選択肢が少ないのが特徴です。その他格安SIM会社はコストをなるべく削減して安くサービスを提供できるようにしています。

専門用語を覚えよう

格安SIMを導入する上で絶対に抑えておきたい専門用語をピックアップします。最初は覚えるのに大変ですが、覚えてしまえば後々楽になります。分かりやすく例えを入れながらやっていきますので、焦らずゆっくり覚えていきましょう。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ) :えむ・えぬ・ぴーと呼びます。今使っている携帯番号を違う携帯会社に番号を変えずにそのまま使用したい場合MNPの作業が必要になります。

例)ドコモ→楽天モバイル・・今使ってる携帯番号(090-xxxx-xxxx)を楽天でも同じ番号で使いたい→MNPが必要になります!
※新しい番号でも問題ないという方はMNPは必要ありません。

MNP予約番号:MNPをする際に予約番号といって整理券のような物が必要になります。

手順とすれば、①今契約している会社に問い合わせ→②MNPをしたいことを伝える→③予約番号をもらう→④番号をメモする→⑤他の携帯会社で携帯番号を引き継ぐ際にこの整理券の番号を入力する必要がある。

※電話だけでなくネットや店舗でMNP予約番号をもらうこともできます。

SIM(シム)ロック、SIMロック解除:キャリアで購入したスマートフォンには他の携帯会社のスマートフォンで使用できないようにロックがかかっています。

例)ドコモで買ったスマートフォンをauで使いたいが、SIMロックがかかっているため使用できない。ロックを解除するために、SIMロック解除という手続きが必要。

SIMロック解除をする為には、契約元の電話or契約元の店舗orサイトなど。3,000円前後の手数料がかかる場合がある。必ずSIMロック解除は必要なわけではなく、SIMロックがかかっていたキャリアがドコモだった場合、格安SIMの回線がドコモなら解除の必要なし。

例)ドコモで買ったスマホ→ドコモ回線=解除必要なし、au回線=解除必要、ソフトバンク回線=解除必要
例)auで買ったスマホなら・・・au回線を取り扱ってる格安SIMなら解除必要なし!

スマホの中に基本は必ず入っていて、SIMカードと言います。
携帯の側面にちっちゃな丸と
何か入ってそうな所があります。
SIMピンをつかって開けます。
クリップを使って開けることも可能
中に入っているチップのようなものがSIMカード

SIMフリー:キャリアのロックがかかっていない端末のこと主にネットなどで購入可能。ロックがかかっていないのでドコモ、au、ソフトバンク回線など自由に使う事が出来る。

※新しい端末で格安SIMを使いたい方はSIMフリー端末を買うことをお勧めします! 

重要

めんどくさいなぁと思うかもしれませんが、覚えてしまえばスムーズに移行できますし、なんといっても固定費を大幅に削減できます。何度も言いますが、自分である程度知っておかないと後々損をしてしまいます。

有名なブロガーさんがおすすめするから良い格安SIM会社だ!ではなく、自分の用途をしっかりと把握して、自分に合った格安SIM会社を選べるようになって欲しいです!ここではそんな方を全力でサポートします!

ここまでで格安SIMのメリット・デメリット、専門用語などを覚えてもらったと思います。ここまで来てやっと格安SIMの契約方法、導入に入ります。

まだ分からない!という方は焦らず何度も見直してください。それでも分からない方は直接”たす”までご連絡ください!Twitter等もやっていますので気軽にリプをしてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1ヶ月間休み無し、手取り8万円スタートの超ブラック企業に勤めながら6年で約500万円の貯金を達成。格安SIMやポイ活(楽天ROOMやポイントサイト)など節約術やお得情報、医療・福祉関連など幅広いジャンルをSNSやブログを通して発信しています。『格安SIM』『ポイ活』『楽天経済圏』節約屋.comを運営しています。

目次
閉じる